経営理念

人生の終わりに「アイツに出会えて良かった」と思われたい。

非常識を作り出す上で、最も大事にしていることは「礼節」です。
人が90度でお辞儀をすれば、私たちは120度でお辞儀をする。
その考えは、グループ全社員に徹底させております。

アポイントの約束をし、時間通り相手方に訪問しているのに、
数分待たされる。こうした経験はきっとあると思います。
どうしてこれが常識的になっているのか?全く理解できません。

逆に、恩着せがましく「感謝されたい。」とも全く思っていません。
例を挙げますと、先述の常識を非常識として主張することを嫌う人もいるでしょう。
別に構いません。

時にはケンカをしたり、言い合ったり、主張が食い違ったり、
人間である上に、今までの経験も価値観もそれぞれ違うので、
当たり前に起こり得ることだと思っています。
だからこそ、今この瞬間の気持ちが人の評価でも、感謝でも何でもないと思っています。

忘れた頃に「アイツに出会って良かった」と思われたい。
人生を振り返った時に「アイツは面白かった」「アイツは楽しかった」と
思われる存在になることを目指しています。